高齢化問題への対応策

高齢化の進行が大きく、年々介護のニーズが急拡大しています。。医師や看護師、薬剤師などの医療現場で活躍する医療従事者の担い手不足が深刻化していることについては、多くの人が既に認識しています。また、その一方でケアマネージャーなどの介護現場の担い手不足の問題も顕在化してきており、現場においては厳しい運営を余儀なくされています。

当初のうちは、介護未経験の方がやりがいに満ちて現場に飛び込んでくるものの、厳しい労働環境などを知ることによって、徐々に嫌気がさし、退職を決める人は少なくありません。現場の担い手不足の問題については、既に国家レベルでの対応が必要だといわれています。厚生労働省をはじめとした関連省庁では、早急に取り組むべき課題として対策を講じるなどしています。

介護の需要が今後も拡大することは容易に推測できることです。それに比例して、少ない若者が多くの年配者を支えるというアンバランスな構図が明確になっています。そんな中において、注目が集まるのは、外国人やシニアの活躍です。日本においては、国策としても、多くの外国人を受け入れる動きがみられており、大きな期待が寄せられています。言葉の壁という問題はありますが、受け入れる側の理解や協力があれば、十分に労働力として活躍してもらえるでしょう。また、シニア世代の活用も有意義とされています。社会経験が豊富で、心身共に元気シニアは、その経験をいかすことによって何らかの協力ができるはずです。

こういう時代だからこそ国一丸となり、ありとあらゆる工夫で難局を乗り切っていく姿勢を持つことが求められているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です