2025年問題を乗り切るために

一般的に介護の仕事は、ハードワークでとてもキツイ仕事のイメージがあり、若い世代の人材がなかなか増えない事が問題になっています。また、ヘルパー全体の平均年齢の高齢化も懸念されており、高齢化社会の需要にスタッフや施設の供給量が追いついていない悲惨な現状も重なっています。

2025年には、国内人口の5人に1人は75歳以上になると予測されています。ただでさえ高齢者が多く、需要と供給のバランスが逆転している中で、さらに需要が増え、供給が足りなくなる事はどうしても避けなければならない事態です。将来、この2025年問題を回避するためにも、介護職のやりがいや魅力をもっとアピールし、若い世代の人材確保が求められます。

ヘルパーの仕事は、基本的に直接、高齢者や介護が必要な人と接する仕事なので、自分が仕事をする中で多くの高齢者たちを笑顔にすることができます。それが、なによりの原動力となり、やりがいに繋がっていくでしょう。また、ヘルパーの資格をとれば、将来安定して働く事ができるのも魅力的です。これからさらに施設が増え、高齢者の入居者も増えていくことが予想され、必然的にヘルパーに対する需要も上昇します。求人量が増加することで求人も見つけ易く、それは他の職種に比べても、かなり売り手市場なのです。さらに、仕事自体が日本の高齢化社会を支えることになり、人材としても大変重宝されます。将来の担い手になっていることを自覚しながら、充実したワークライフを送れるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です